« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

December 29, 2009

LUMINOX ナイロンバンド 買い物ログ2009年12月28日

Img_08581024_2

思ったより短かったけど、カックイー!
amazonで購入。
お急ぎ便で翌日到着。
¥5500

2010年1月27日追記
交換は普通のバンド交換と同じです。
バネ棒を外すだけです。
標準のゴムバンドはボディーとぴったりなので、バンドを若干こじるようにバネ棒外しの工具を差し込みます。
既に取り付け時に付けたであろう傷がありました。
ゴムバンドを外してしまえば、ナイロンバンドの取り付けは簡単です。
なにせナイロンなので柔らかく、バネ棒をしっかり押す事が出来ます。
当然ですが、取り付け時にはバンドの向きに注意しましょう。

| | Comments (0)

LUMINOX 3000 買い物ログ2009年12月27日

Img_08571024_2

ついに買ったと言う感じ。
実に3年くらい買おうか買うまいか迷っていた一品です。
時計はsinnがあるしなー、そんなに幾つもいらんよなー、衝動買いはもったい無いよなー、等等思いつつもやっぱり良いなーと店で見つけては眺め。
ついに3年も欲しいなら本物だなと判断して購入を決めました。
sinnが壊れたのも一因ですが。
正直かーなーり気に行っています。
夜中に目覚めても光っているトリチウム、独特な質感の超軽量カーボンケース。
エクセレーント!
ブラックダイアルはラバーバーンドしか置いてなくてそれを買ったのですが、昨日ナイロンバンドをamazonで購入。
お急ぎ便で今日届いたので早速交換。
思ったより短くてチョット外れだけどカッコいいから許す。
バイクのジャケット袖上から巻くつもりだったけど厳しそう。

丸井 海老名にて。
¥33000

| | Comments (0)

December 21, 2009

KORG クリップオン チューナー 買い物ログ2009年12月19日

Img_08511024_2
気になっていた、クリップオンチューナーを買ってみました。
KORG Clip-on Tuner CHROMATIC AW-2G

これはクリップ部にピエゾセンサーが付いており、ヘッドなどに取り付けるだけでチューニングが出来る便利グッズです。
部屋での生音での練習に、いちいちチューナーを繋ぐのが面倒で、しかも 安かったので買ってみました。

¥1980 海老名のロックインにて。

使い方はかんたんで、ヘッド等をクリップ部で挟み、弦を弾くと近い音が表示されます。
アルファベット表示とアナログ的表示をみながらチューニングするだけです。

市販品ですから問題があるわけ無いと思いつつも、普段使っているBOSSのオートチューナーを同時にシールド接続し比較してみました。
結果、全く同じでした。
コンパクトチューナーで内臓マイクでのチューニングは厳しいものがありますが、こちらはワイヤレスでサクッとチューニング出来ます。
隙き間時間に練習する身としては、とても有難いアイテムとなりそうで す。
(決して"精度が高い"と言っている訳では無いですよ、必要 十分)

クロマチックなので、オートチューナーのぬるま湯に慣れ切った身には脳内変換に戸惑いましたが、一度合わせてしまえは弦を張り替えない限りは半音程度しか動かさないので問題無いでしょう(私、普段は♭チューニングなのですが、音名はレギュラーで覚えているので余分な脳内変換が発生します 5弦はA♭じゃ無くてG♯と表示されます)。

あ、電池付です CR2032 1個

| | Comments (0)

December 20, 2009

実践パニック障害対策4

炭水化物不対症という症状?があります。

炭水化物は糖に分解されるのですが、糖が体内に入ると血糖値があがります。
この血糖値を下げる物質がインスリンです。
炭水化物不対症とは簡単に言うと、このインスリンが頑張り過ぎてしまう体質があって、血糖値が急激に上がるとインスリンが頑張り過ぎた結果必要以上に血糖値を下げてしまう症状、体質?を言います。

糖は体に取ってとても大事な栄養素である事はわかりますね。
そして、脳は糖を大量に消費するそうです。

パニック障害や鬱の原因に脳内伝達物質のセロトニン不足が上げられます。
セロトニンが作用するのはもちろん脳内です。

ここからは私の仮説です----

血糖値が下がってしまうと脳に必要な糖が足りなくなってしまいます。
脳にパワーが無くなるのです。
栄養不足に陥った脳はセロトニンの生成や受け渡しが上手く行かなくなります。
この状態が慢性化すると病気の状態になってしまうのではないでしょうか?
とにかく脳がパワー不足の状態が、この手の病気に良い訳がないのです。

----仮説ここまで

炭水化物不対症については検索を行っていただければ、より詳しい情報が得られます。

私は以前、日中の異常な眠気に困っていました。
食後に眠くなる事は普通にあると思うのですが、私の場合は立ち仕事を行っていても眠気でフラフラするような状態でした。
当然、運転等にも危険が伴います。
これは何かおかしいのではないかと思い、試しにネットで調べてみた所、炭水化物不対症に行き着いたのです。
極度の低血糖状態で眠気に襲われると言うのです。
炭水化物不対症かどうかは2週間炭水化物や糖分を排除した食生活を送る事で確認できるそうです。
私も試した所、眠気について数日ではっきりと改善されました。
日中に眠くはなるのですが、質が違うのです。
コントロール出来るか出来ないかの違いです。
この「糖断ち」生活を続けていると、鬱的なダルさのようなものが軽減され積極性が戻った感じがしました。
一日を通して疲れ難くなりました。
以前は一日外出して買い物等歩き回っていると、足の裏がとても痛くなったのですが、いまはそれがありません。

そこで、前述の仮説に至った訳です。

食事について。

とにかく急激な血糖上昇を避けます。
血糖値を急上昇させる食品は色々あるのですが、一番は主食である「白米」「パン」です。
その他ジャガイモやカボチャ等があります。
食品の選択はGI値を参考にすると良いでしょう。
GI値はブドウ糖を100とした場合の血糖上昇率です。
「GI値」で検索すると様々なサイトから表を入手できます。
このGI値が60以下の物を食べるようにすると良いようです。
低GI食品と言うやつです。

私の食事は基本的に主食がありません。
参考までに私の1日の食事です。


スクランブルエッグ
魚肉ソーセージ


肉野菜炒め
バナナ1本


その日のおかず
納豆
白米1膳

この食生活を約3ヶ月続けた状態で受けた健康診断では、特に異常はありませんでした。
(唯一脂質代謝で中性脂肪が基準値を下回っていました)

最初の頃は体重が減りました。
これは、いわゆる「低インスリンダイエット」状態だったのではないかと思います。
元々脂肪がつきにくい体質だったので糖が減ったせいでよけいに脂肪が減ったようです。
体重が減るのは体力的にきつい物があると思い、今はなるべく筋トレ等で体重を維持しています(さらに体脂肪は減りましたが)。

食事の取り方でもある程度工夫が効きます。
例えば白米を食べるときは、先に低GIな食品、肉や野菜類を食べておきます。
体は最初に取った食品に合わせてインスリンの量を決定するそうなので、先に低インスリンで済む食品を取ってしまうのです。
また、最近は血糖値の上昇を穏やかにする飲物も売られているので、外出先でウッカリしてしまったときはこういった飲物をコンビニ等で入手すると良いでしょう。

また、私の場合、豆、肉類は積極的にとります。
アミノ酸の効果を考えると肉は必要なのです。
また、咀嚼も活発になるので脳には良い刺激となります。
偏った食生活かもしれませんが、捨てるもの、拾う物があるとして、今の私には拾うものの方が捨てる物より大事なのです。
正直現段階では捨てるものと言えば、私は炭水化物が大好きなのです。
それ以上はよくわかりません。

----
良い本を見つけました、お勧めです。
リンクはアフェリエイトになっていますが、書籍名で普通に検索しても簡単に情報が得られると思います。

| | Comments (0)

December 08, 2009

座右の銘


死ぬまでは生きておる。

身病むとも心病まず。

貰った物は諦めよう。
与えた物こそ自分の物になる。

全速力(フルスロットルでも可)。

迷ったら両方。

※えーと、下2件は自前です…。

| | Comments (0)

December 07, 2009

ガチャパン

ガチャパン
モールフィル内のパン屋にて。
左の歯の白いのがリンゴ入り。
右はカスタードクリーム。
公認か非公認かは不明。

顔が怖い。

| | Comments (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »