« July 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

September 27, 2010

洗車(ココログエディタのテストも兼ねて)

2010年9月25日
久しぶりの洗車です。
幼稚園の運動会が延期になり、天気が回復してしまったので時間の有効活用に。
でも、余り時間がなかったのでワックス等は無し。
ガラス的なコーティング剤を持っていたので使おうと思ったけど、何処へしまったか見つからず、本当に洗車のみ。

今度はあまり汚れる前に保護処理を含めてキチンと仕上げよう。

F0175DCB-790B-49FC-A5A7-FD81310A4187

ついしん
エディタのテスト的にはバグっぽい動作がありました。
リスト表示で_default_と表示されてしまいました。
PCから概要編集画面で削除しました。

| | Comments (0)

September 26, 2010

GIVI 中型ウインドスクリーン取り付け記 2010年9月18日

DUCATI M900(モンスター900)
乗っている自分との外観上のサイズのバランス(特に冬場)に不満があった事、高速を快適にしたい事などの理由でウインドスクリーンを取り付けました。
モンスターはビキニカウルと言う選択肢もあったのですが、これは目的を達しないので却下です。

GIVIのスクリーンは大型、中型、小型とあり、効果と外観のバランスを取って中型を選択です。

軽く調べた感じwebikeさんが安かったので、早速注文。
意外に早く発送されたので、予定のツーリングに間に合いました。

Givi1

週末早速取り付けです。
図面です
Givi2

まず、適当に位置決めします。
Givi3

その後スクリーンを取り付けますが、ホルダーとスクリーンに雄雌の突起があるので上下を間違えないようにします。
Givi4_2

スクリーンを仮止めしたアームに片方ずつ取り付けます。
Givi5

両方取り付けます。
Givi6

ホルダーの位置が厳しいです。
おいしい位置にするにはクラッチレバーの角度を犠牲にしなければなりませんが、それは譲れませんね。
Givi7_2

どうにか取り付けましたが、ちょっと気に入らない位置です。
Givi8_2

なんとか調整します。
Givi9_2

この位置は上手く無いようです。
Givi10

取り付け位置を変えてみました。
Givi12_2

今度はイイ感じです。
Givi13_2

Givi15_2

一応完了です。
好みのスタイルに仕上がりました。
風の巻き込み等微調整は翌日のツーリング時に実施します。
取り付け位置が厳しいので、調整幅も狭いのですが。
Givi16

ココまでで丁度1時間でした。
仮取り付けに30分、再取り付けと調整に30分と言った所です。
ハンドル廻りに余裕のある車両ならもっと早く終わると思います。

GIVI 中型ウインドスクリーン A660
Webikeにて
¥12915

| | Comments (0)

めぃちゃん卒業

昨日めぃちゃんがファンシーキャトを卒業した。
同店に初めて入った時から気の利いた接客にとても感謝している。
これからは本業に専念するとの事。
心機一転、一所懸命これからも、めぃちゃんらしく気遣ったり悩んだりしながら過ごして欲しい。

おまけ
卒業イベントが3:00までだったので、なんだかんだで帰宅は4:00。
シャワーを浴びて90分寝てそれから幼稚園の運動会の場所取りに。
そんな週末。

居酒屋メイド倶楽部 Fancy Cat

| | Comments (0)

September 15, 2010

DUCATI M900 タイヤ交換 2010/9/15

今乗っているM900のタイヤを交換した。
それまでのタイヤは車両を受け取った当時に付いていたそのままで、山はあるが、もうゴムじゃないですみたいな状態だった。
そんな状態にも関わらず、もったいないので摩耗限度まで使い込み、ようやく「換えねばね」と決断した。

タイヤはロープライス ロングライフが理想なんだけど、とりあえずライフとレイン性能を重視と言う事でツーリング指向のタイヤチョイスとなる。

webであれこれ探しているとMOTO FOOTなるショップを発見。
場所は相模大野で、バイクタイヤメインの店との事で、在庫も豊富らしい。
タイヤ自体は価格の問題もあり指名買いが出来ない状態だったので、在庫を見ながら検討出来るのは嬉しい。

一応電話で同店に問い合わせると、特に予約等は必要ないらしいので早速天気予報をチェックして会社の休みを取りタイヤ交換日を決定。
注意事項としては、車検に通らないバイクは受け付けられないとの事。
私のM900は車検時から変わっていないのでノー問題。

当日、同店に着くと、バイクを降りるなり接客して頂き、店内でタイヤを選ぶ事に。
ミシュラン、ピレリ、BS、ダンロップとそれぞれツーリングタイヤを紹介してもらったが、どれも価格は似たような物。
最大¥3000弱程度の違いだったので、価格は考慮せず既に持っているイメージと、トレッドパターンのデザインからピレリのAngel STに決定。
ついでにタイヤバルブも腐食していたので交換した。

交換に際しては、その前後の接客や作業後の状態等とても丁寧で、1時間掛けて来た甲斐があると言うもの。
バランサー少ないよね。

Angelst600_2

交換後のバイクはルックスが見違えるよう。
やっぱり乗り物もオシャレは足下から。
余談だけど、車でもタイヤワックスでタイヤが光っているとグッと見た目が良くなる。
カスタムの基本の基本だと思う。

交換後の帰路はしばらくタイヤの丸さにフラフラしてしまったが(タイヤ交換後はいつもそう)、交差点等で予定よりも小さく曲がってしまう事にニンマリ。
やっぱり新しいタイヤはイイ!

帰宅後、タイヤをより引き立てる為にホワイトレター化。
実際カタログ写真にホワイトレターがあったんだけど、現品はそうではなかった。
でもタイヤはホワイトレターが絶対カッコイイと決めつけているので、soft99のタイヤ用のペンでチョコチョコ手塗り。
因にタイヤ用のペンとか無くてもアクリル絵の具でオッケ。
実際アクリル絵の具を筆塗りした方が早くて綺麗かも(はみ出しのリスクもあるけど、そんときは上手く落とすか黒で重ね塗りして)。

Whiteletter800_2

教訓
タイヤは早めの交換が大人。

費用のぶっちゃけ

フロント 120/70 R17 ¥15600
リア 160/60 R17 ¥21600
バルブ ¥840 X2
工賃 ¥3680 X2
メルマガ登録割引 ¥1000
クレジット手数料 5%
合計 ¥47943
若干計算が合わないけど・・・。

MOTO FOOT
カード払いは手数料に5%掛かるので、現金を用意しておいた方が良いね。
作業後、任意で(匿名可)同店のブログに載ります。
こんな具合に
モトフットのブログ

ピレリ Angel ST

| | Comments (0)

« July 2010 | Main | October 2010 »